宮城県災害VCからのお知らせ

台風第19号(第2報)

台風19号は10月12 日 19 時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸し,台風本体の発達した雨雲や台風周辺の湿った空気の影響により,静岡県や関東甲信地方,東北地方を中心に広い範囲で記録的な大雨,非常に強い風,高潮が観測され,多くの人的被害,建物被害等が報道されています。(内閣府 10月13日11時発表)
 
また,台風19号に伴う災害により,宮城県14市20町1村に災害救助法の適用が決定されています。(内閣府 10月13日12時発表)
今後も情報が入り次第,必要に応じてこちらのホームページでお知らせいたします。
内閣府「防災情報のページ」 http://www.bousai.go.jp/ 

県内社協の動き
現在,ボランティア等を募集し,被災地区に派遣するマッチング等の業務は,各市町村社会福祉協議会が設置するボランティアセンターが中心となって行われています。募集するボランティア対象者や,従事内容,準備物等,各市町村ごとに異なりますので,詳細については,左メニューバー「宮城県内で開設中の災害VC一覧」をご確認ください。
 
ボランティア活動への参加を検討される際には、各地の災害ボランティアセンター等のホームページから最新の状況を確認ください。
 
ボランティア活動保険
ボランティア活動保険は自宅と活動場所の往復途上も補償されます。災害ボランティア活動を希望される方は、被災地では混乱も想定されますので,自宅最寄りの社会福祉協議会で加入してください。
 
宮城県社協の動き
現在宮城県社協では,各市町村社協と連絡を取りながら,被害の状況,市町村社協の状況について情報収集を行っています。また,宮城県内へ県社協職員を派遣し,現地の情報を確認・収集しています。
↑ ページの上部へ