ブログ
2014年3月27日 17時39分

つづく

3月27日(木)

今日は広報配布の日。
年度末ということもあってか、たくさんの折込がありました。
その中には、亘理町の情報がぎゅっと詰まった
亘理まるごと便利帳なるものも。

雨のスタートでしたが、
折込が終わるころには雨も上がり、
今日も濡れずに配布することができました。
広報配布は雨が降らない伝説が
今日はセーフかな?

そして、今日行われていたのは、コレ!



柔らかい素材でできたフリスビーのようなものを
ドッチボールの要領で遊ぶゲーム。

震災の年の6月、亘理町でのボランティアに参加し
縁があって、亘理町内にある児童クラブへドッチビーを
寄贈し、指導するまでに。

その後、プロジェクトを立ち上げたメンバーは
何度も亘理町に足を運び、震災後1年で第1回目の大会を
開催するまでとなりました。

なぜ大会を開催しようと思ったのか。


それは、震災により元の場所での生活ができなくなり、
仮設や借り上げ住宅等で暮らす子どもたち。
離ればなれになってしまった子ども達が再開できるように
開催し始めたのです。


会場は応援の声や歓声であふれ、
悔し涙を流したり、飛び上がって喜んだり。

先生方も一緒に喜んで、涙を流して・・・

学年に関わらず、喜びを分かちあっていました。

たくさんの企業やボランティアが協力し、
豪華景品も!

それはもとより、こうして子どもたちが会う機会を
作ってくれていることに感謝なんです。と先生も。

災害ボランティアセンターという拠点がなくなっても
続いている 「縁」

亘理町のために、、子どもたちの笑顔のために、、、
そう思って継続した活動を続けてくれていることに
嬉しく思います。

代表の長峰さんが最後に子どもたちにこう言いました。

「君たちのために支援したいと言っている人がたくさんいる。
君たちには人を引き付けるチカラがあるんだよ。
だから、笑顔でいてください」

亘理町の子どもたちのために尽力し続けてくれているみなさん。

HAPPPY DISC PROJECTのみなさん

もっと、もっと亘理町のとりこになって、
これからも子どもたちの成長を見続けてほしいと思います。

KAN







* トラックバック
トラックバックURL:

「地域福祉から未来へ」 注文のご案内
2011.3.11。
あの日から私たちは何を考えてきたのだろう。
今日という日を夢中で
見えない明日を手探りで
多くの人々に背中を押されて歩んできた。
すべては共に生きてきた そして、
これから共に生きていく仲間のため・・・。
宮城発・全国の社協職員、支援者の皆さんへのダイレクトメッセージ!


※クリックすると注文書をダウンロードできます。

【ご注文のしかた】
上の画像をクリックし
注文書をダウンロードして
内容を記入しFAXで
お送りください。

応援してくれているすべてのみなさまへ
はじめのいっぽ
ひまり‐櫻
ひまりのおふたりが 亘理町を応援してくれています!
今回のPVには亘理のいろんな場所の風景が
撮られてますのでみなさん 是非 観・て・く・だ・さ・い!(≧ω≦)
ひまり‐遠くまで

亘理町を応援し、こよなく愛してくれている
ひまりの2人。今回、亘理で撮影した映像も入ったPVが出来ました!!
みなさん応援よろしくお願いします

更に過去の記事
ログイン/ログアウト
メールアドレス

パスワード

 
アクセスカウンター
合計:679084
今日:1019
週間:1251
月間:5896
天気予報
リンク
わたりちょう
(宮城県亘理郡亘理町公式サイト)
ふくしネットわかやま
(和歌山県社会福祉協議会公式サイト)
亘理町復興支援写真集
募集中!
ボランティア体験談募集

リンク
eコミグループウェアマニュアル
eコミマップマニュアル

防災コンテスト
つくば市竜巻情報
環霧島ポータル
ガイドブック
災害時におけるボランティア活動ガイドブックです。
災害時に活動をしていただける方は、ご一読ください。

プラグインがインストールされていません災害時におけるボランティア活動ガイドブック
水害ボランティア作業マニュアル
eコミマップ
マップ情報を取得できませんでした : 地図ID=149